INFORMATION
インフォメーション

イベント

生き方を学ぶTao“道”『秋分祭』

生き方を学ぶTao“道” 『秋分祭』

9月23日 秋分

秋分の日のお彼岸を「秋彼岸」と言います。
なぜ秋分の日と春分の日がお彼岸なのかというと、「彼岸」とは先祖がいる「極楽」を指します。
反対の「此岸(しがん)」とは私たちが生きている世界のことです。
仏教では、彼岸は西に位置し、此岸は東に位置すると考えられています。
春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈むため、彼岸と此岸が最も通じやすい日と考えられました。

秋分は、地球の地軸が太陽の光線に対して垂直になる日。
それにより、秋分の日には昼と夜の長さが等しくなる、ということでも知られています。
そしてもう一つ、地軸が垂直ということは……、
宇宙のエネルギーがダイレクトに地球に伝わりやすいという意味でもあるのです。
つまり、宇宙との境が薄くなると考えても良いわけです。
おそらくそのことを知っていた先人たちが、宇宙と個人の関係を、あの世とこの世という概念を使って伝えたのでしょう。

そんな宇宙とのパイプが繋がる秋分の日の恩恵を最大限に受け取るために、マインドフルネスな状態になる時間とエネルギーを体で受け取る方法をお伝えしたいと思います。

当日は、楽な格好でお越しください。

 

日時
2019年9月23日(月・祝)9時15分~11時45分

会場
大阪市内のセミナールーム(お申込みの方に別途ご案内致します)
※最寄り駅 JR新大阪駅

受講料
3,500円(税込) ※事前のお振込みをお願いします

定員
20名 (先着順)

 

お申込みはコチラ!


皆様のご参加お待ちしております!