OFFCIAL BLOG
Adventure of my life

「仕事M」の記事一覧

内側から発動するもの

今期、かねてから言っていた新事業に向かっていろいろ動くと
見えてくるものや、勉強になったことがある。
何年何をやってもわかっていないことがあると、
謙虚に学ぶことを突き付けられる日々です。

今日は、『プロフェッショナル100人の流儀』(弊社刊)
という本の中に「内発力」というテーマで書かれている
ものがあり、そうだな…って思ったから、
紹介しますね。

人間国宝の講談師、一龍斎貞水さんの言葉。

「教えてくれなきゃできないって言ってる人間には、
教えたってできない」。

そして、こうつけ加える。

「僕はたまに”貞水さんはあまり後輩にものを教えませんね”って
言われるけど、僕らは教えるんじゃなくて伝える役。

伝えるということは、それを受け取ろう、
自分の身に先人の技を刻み込もうとするから伝わっていく」

銀座の鮨屋。「すきやばし次郎」の主人、
小野二郎さんも言う。

「教えてもらったことは忘れる。自分が盗んだものは忘れない」

内発力のないところにいかなる成長もないことを
二人の先達の言葉は教えている。

最後に、侍ジャパンの監督を務めた小久保裕紀さんが、
イチローについて忘れられない思い出があると
『毎日新聞』に書いていた。

小久保さんはプロ二年目に本塁打王を獲得。
だが天狗になり、翌シーズンは散々。

一方イチローは三年連続の首位打者へ驀進中。

《その年のオールスターゲーム、
外野を二人でランニング中に彼に聞いた。

「モチベーションが下がったことないの?」。

するとイチローは私の目を見ながら
『小久保さんは数字を残すために、野球やっているんですか?』と言った。
『僕は心の中に磨き上げたい石がある。それを野球を通じて輝かしたい』自分はなんと恥ずかしい質問をしたのかと、顔が赤くなった。
彼の一言で「野球を通じて人間力を磨く」というキーワードを得た。

内発力で生きている人間の真骨頂をこのイチローの言葉に見た。
というお話。

「自分の心の中に磨き上げたい石はなにか?
また、「本気で学びたいことはなにか?」内側から湧き出てくるものからでないと、きっと事はなさないということだと深く自分に再確認をさせていただいた。

ありがたいな・・。

慢心が見えなくしてしまう

自分は、出来ている。

自分は、間違っていない。

自分は、大丈夫。

相手が悪い。

相手が間違い。

あの人はダメで自分は良い。

全て、慢心のなせる愛と調和から離れた境地だそうだ。

いつも、自分を注意深く見て、客観視することを、

忘れた時、こうなる。

人を育てると言いつつ、待てずに裁く、そんな仕事の仕方しか出来なくなるほど、追い込まれている仕事って。。

考えないといけないのでは。。

それは、甘いのだろうか。

日々悩みます。

 

 

松下幸之助記念館にて・・

松下幸之助記念館に行ってきた。
松下幸之助の生き方と言葉がちりばめられ、
心に染み入ってきた。
自分が今、新しいことをしようとしているから、
なおさらだったのかも・・。

幸之助さんの言葉の中に

「どんなに悔いても過去は変わらない
どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。
いま、現在に最善を尽くすことである。」というのがあった。

達人たちは、みな同じことを言う。本質なのだろう。
当たり前の事なのに、なかなかできないものだ。

昔よりは恐ろしく変わった自分がいますが、
まだまだだと思う事が今年になって多くある。

変わらない毎日では気づかないことだらけだ、
違う事をするというのは、人の成長には大事なのだと、
改めて思う。

そしてもう一つ!
「アイデアを生むと言っても、口先だけでは生まれない。
これもやはり熱心であること。
寝てもさめても一事に没頭するほどの熱心さから、
思いもかけぬ、よき知恵が授かる。」

そうだよな・・片手間でことなど成すわけがない(苦笑)

松下幸之助記念館で、学ばせていただきました。