OFFCIAL BLOG
Adventure of my life

4月の風

今年は、三寒四温をすごく感じるなぁ。そして、1年前から決まっている新入社員の研修が、ようやく終わって、少し落ち着いた。

新しい。というのは、いいものですね。今年の新入社員の姿に、にパワーをもらうことも多かった。一月から、どこか、すっきりせずぐだぐだしているものが私の中にありましたが、元伊勢への旅で、すっきりしました。

何か次に抜ける前は、陰極まり、闇に飲まれるから、辛い。まあ、それも、勉強ー。

気づいた事を、即実践です。

計画を手放す

予定通り行かないことは、
人生にはたくさんある。

計画は立てるけど手放す。
予定というのも自分勝手なエゴの一つ。本来の流れではなかったという答えかもしれない。

そんなつもりで毎日を過ごしてみると、思い通り行かなかったことも
ちょっとは気が楽になる。

計画にとらわれすぎず、あるがままの状態を
受け入れて生きる。

そして、「で、どうする?」と目の前のことに最善を尽くす。
ビジネス的考え方では、はあ??かもしれませんが、
真理にのっとって生きることは、こういうことかもしれないと
最近思うのでした。

引退と復活

あまりテレビを見ない私ですが、めずらしく、釘付けの時間。

イチローの引退。始める時も大変だが、やめることを決めるのも難しい。イチローという人の凄さを感じました。人は色々言う。言ってる人は無責任。その中で、結果を出し続けてくるなど、並大抵ではない。また、キャンプでの、他の選手のサポートをする、イチローの姿にも、胸が熱くなりました。アナウンサーが、彼は現役引退しても、野球界で、語り継がれる人に間違いなくなるでしょう。とコメントしていた。普通のコメントだが、人は二度死ぬと言った人がいる。それは、一度は、肉体的な終わりが来た時。そして、もう一度は、人の心や記憶から、自分がいなくなった時だと。彼は、2度目の死は、訪れない人となったと言われたようでした。

そして、時近くして、羽生結弦さんの世界選手権の演技。彼の演技に、そして、怪我を乗り越えて。。いや、恐れや不安、プレッシャーを乗り越え、自分に打ち勝つ姿に涙しました。強い。

アスリートを夫に持つ私には、プロや世界レベルに達する人達は、強くなくてはならない。それは、技術もさることながら、最後は並大抵ではない、心の強さだと言うことを知っている。

自分を知り、自分を越えていく強さを持つ、2人のアスリートに、心打たれました。凄い。イチローの言葉  [引退に悔いなどある訳がない]本気でやっできたから言える言葉。

私も、グダグダ言わず、そう言える現役人生を送りたいなぁ、、。

彼らに、自分が残りの人生をどう生きるのかを、問われた気がしました。